イラストを描くことに興味を持った人に最初に読んでほしい記事【初心者向け】

累計すると1年ほど、良くも悪くも真面目に絵を描いていた僕から、絵を始めたばかり、もしくはちょっと書き始めた初心者に向けての僕からのメッセージです。一応、5年前の僕に向けての記事でもあります(笑)目次も用意してありますが、以下のことについて説明していこうと思います。

  1. すぐにやめていく人がほとんど、イラストを趣味にしている人の現実
  2. 続けていくにはどうするか?



イラストを描くことに興味を持った人に最初に読んでほしい記事【初心者向け】

この記事を描いた理由

結論から言うと、始めてもすぐにやめてしまう、続かない人が多いので少しでも長くイラストを描くことを続けてほしいなと思ってこの記事を書いています。話を進めやすいように僕の経歴を少し書いておくと、

大学に入ると同時にイラストを描き始める。このころは漫画研究部にも入っていました。速攻幽霊部員になりましたが…そのあとは、2~3年くらいあってやめたり再開したりを繰り返してやってる期間だけだと1年くらいかな?という感じです。黒歴史として、同人誌も個人で1冊のみ出しています。

この経験の中で、「イラストをやめて少しの後悔」、「周りもぽつり、ぽつりとやめ始めた」と感じたのでこの記事を読んでやめる人が一人でも減れば、という感じです。とはいえ、始めたての人より1年だけの先輩からのアドバイスなので、こんな意見もあるんだぁ位に思ってもらえたら僕は幸せです。

イラストを描いていてよかったこと

  • 絵がうまくなる
  • 友人関係が広くなる

主にこの二つです。まず、絵がうまくなることについてです。絵を描いているんだから当たり前でしょ?と思う方もいるかもしれませんが、絵は描くだけでは上達しません。試行錯誤が必要なわけですが、方法については千差万別とは言え日常生活でも考え方については結構役に立ってます。次に、友人関係です。さすがに超大手のイラストレーターと仲良くなるのは結構厳しいですが、絵で生計を立てているプロのイラストレーターと話したりできるのは超楽しかったです。そのまま仲良くなって、たまに飲みに行く人もできました。いろいろなエピソードはあるんですが、長くなりそうなので別の記事でまた書きます。

5年後、100人イラストを描き始めたら99人辞めます

現在、筆を握ることはほぼなくなってしまいましたが、イラストを描き始めてから5年がたちます。僕の体感ですが、100人いたら5年後には99人はイラストを描くことをやめています。じゃあ、続けている人ってどんな人?という話になりますが、ほとんどが絵を描くことでお金が発生するようになった人が続けていますね。本当に趣味オンリーで、絵を描いている人はかなり僕の知る限りではレアな気がします。辞めていく人についても少しお話しますね。やめる人は、大体が環境の変化でイラストから離れていくことになります。それは、タイミングは人によって違えど高校→大学など、大きく場所が変わったときにやめる人が多い印象です。一番多いのは就職の時だと思います。社会人になるとみんな忙しいからか自然と筆を握ることから離れていきますね。こういう話をするとついて回るのが、私、イラストで稼いで生活していきたいんだけど、という話です。この話も、僕の見て聞いて感じての中からの話にはなりますが、記事を書きたいと思います。書き終わり次第リンクを張っておきますね。



イラストを続けるにはどうしたらいいのか?

描きたいものを明確にしよう

以前にも少し記事では触れていたんですが、描きたいものを明確にするのはめちゃくちゃ大事です。極端な話、キャラクター描きたいのに、背景の練習してたらいつまでたってもキャラクターは描けないので(笑)キャラクターでも、かわいい系なのか、リアル系なのかそれともその中間なのかはっきりとさせておきましょう。一番手っ取り早いのは、あなたの好きな漫画家やイラストレーターの真似をすることです。真似は、ある程度のところまで上達する一番の近道です。あ、パクリはだめですよ。あくまで真似です。といいつつ、描いていた頃は真似なんかあまりしていなかったのですが…反省点から導き出したお勧めの方法です(笑)

イラスト初心者はまず何をすればよいのか?僕は心構えが大切だと思う。1年間とりあえず書いてみた感想を交えてご紹介

無理は絶対にしないこと

長く続けるコツは、自分のキャパ以上の作業量はモチベーションの低下につながります。僕がやめた大きなきっかけとなったのが、人に教えてもらうことで自分のキャパを超えてしまって結果ノイローゼ、そこからイラストを描くということをしなくなってしまいました。(教えてもらうことを否定しているわけではありません)お金が発生しない限りは、基本的にはマイペースが大切だと思うので自分のキャパの管理はしっかりとしておきましょう。

明確な目標を決めよう

続けるために明確な目標を決めるのは大切です。よくうまくなりたいという人がいますが、うまくなりたいではちょっと抽象的すぎますね。目標の設定例としては、例えば週に1枚描くとかが良いと思います。週に一枚描き続ければ、年間50枚ほどの一枚絵を生産することができます。50枚も試行錯誤しながら書けば相当実力アップするので結果うまくなりたいが達成できるわけです。もう一つ、目標として設定できる要素があります。pixivやSNS等の閲覧、ブクマなどです。1ヶ月で累計100集めるでもいいですし、ある一定の数字を設けておくとイラストを描いていてもだれることはないと思います。ただ、閲覧数を目標にしてしまうと、完全成果主義なので向いていないと自分で思う人は、あまりお勧めしません。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です