使いやすいペンタブレットの選び方

ペンタブ使用歴8年以上やちです。

絵は描いてたり書いてなかったりする僕ですが、ペンタブレットは絵は描かなくとも便利だったりするので結構買い替えたりしました。

自分にとって使いやすいペンタブレットって実は結構選ぶのは難しいんです。

お金あるから液晶タブレット買えるぜ!っていう人も実際使いやすいかは別の話となります。

ということで、今回それなりにペンタブレットを見てきた僕が、あなたに合ったペンタブレットをお勧めしてみます。

 

迷ったらとりあえず、Wacomをお勧めします。

日本では、最大手のペンタブメーカーのWacomの製品はなんだかんだオススメ。

安定感が段違いです。

いと昔前は、どんなに安いモデルでも一万円は超えていたイメージですが、最近は中華製のものも登場、

価格競争のためWacomのペンタブも安くで買うことができます。

電池の交換もいらないですし、基本的に上位のモデルとも書き心地はさほど変わりません。

とりあえず、デジタルで描いてみたいという人は下のモデルをお勧めします。

過去に上位モデル、液タブ等使ってきましたが、正直性能差(書き心地は別)はほとんど感じたことがありません。

 

とにかくコスパ重視の人

最近、Wacom以外のペンタブメーカーも注目され始め一目置く存在となってきています。

安くて高機能、それが中華製品です。

ただ、良いところもありますが、細部や信頼感がまだまだといった部分もあります。

安くて高機能を求める人はこちらをお勧めします。

 

液晶タブレットを使ってみたい人

液晶タブレット、最近とても安くなりました。

又、昔話になってしまいますがちょっと前は少なくとも10万円は出さないとまともなものは買えませんでした。

液タブ=プロ仕様だったんですが、エントリーモデルも出てきて買いやすくなりました。

液タブの注意点二つ!
  • 想像以上に場所をとる点

テーブルを占拠してしまう上に、簡単にどかすことができません。

専用のテーブルが必要となります。

例えば、一人暮らしなんかでパソコンの机と食事をする机を兼用している方はお勧めできません。

  • Wacomの液タブでもやはり液晶の質は、表面処理の都合上落ちてしまいます。(よくぎらついているといわれます。)

色見などにこだわる人は別のディスプレイ、もしくはいたタブを用意する必要があるので注意してください。

というわけでとりあえず使ってみたいという人はこれをお勧め。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です