通勤時間ほど無駄なものはないと思う。一人暮らしはできるならするべきだと思う。

大学生の時片道2時間強かけて通学してた僕です。今現在は、4月から働く身となっています。往復で五時間、一日の4分の1以上の時間を移動時間に費やしていたわけですがやはりいろいろ苦労がありました。今回は、通勤時間は無駄ということについて語りたいと思います。一応言っておくと、実家から会社が近いなら僕は実家から会社の通勤をお勧めします。

 

通勤時間にできることは意外に少ない

僕が約4年間、長い移動時間を経て通学をして分かったこと、それは移動時間にできることは物凄く少ないことです。いやいや、読書とか、課題とかいろいろできるでしょ!と思う方もいると思うんですがこれらのことが実は意外にできないです。なぜなら、電車、バスで通勤するなら人が多いから。結局人が多いと本なんてとても開けないしスマホすら見れないときがあります。案外移動時間で何もできない時間もあります。自宅から駅まで歩いたりしている時間ですね。僕の2時間強の移動時間のうち30分くらいは何もできない時間でした。

 

通勤時間は疲れの一因になる

通勤で、電車に乗ると疲れますよね。人が多いし、座れないと立たないといけないし、他人のしゃべり声、イヤホンから漏れた音…。僕は結局普段の生活+通学の疲れが蓄積されていって結局寝ていることが多かったんですが、周りが明るいことや先ほどの理由で体調次第では寝ることが出来ないことも多かったです。そうするとまた疲れがたまって…悪循環に。

 

一人暮らしだと、通学時間を自分の時間にできる

一人暮らしだと、通学時間を自分のために使えるは最大のメリット言えます。例えば、一番簡単なことで言えば休息が出来るとかです。休息することによって仕事の効率は上がると思いますし、メリハリも付きます。あとは、キャリアアップや副業のために勉強する時間にあてることもできると思います。僕は、就職してから勉強したいと思い一人暮らしが出来る仕事先を選びました。

 

デメリットは少なからずある

なんといっても健康面でしょう。僕も、1年ほど一人暮らしをしていたことがありますが、ほぼ確実に食生活は乱れるといってもいいでしょう。一人暮らしをしている友人を見ていても、やはり食生活は乱れていました。金銭面も実家暮らしは楽と言えるでしょう。住む場所にもよりますが家賃は結構家計に家計に響くと思います。この辺りは、会社によっては家賃負担が出るので人によっては改善できますけどね。

 

まとめ

時間をかけて通勤するということは、生活の質を下げると僕は考えます。給料面に少しでも余裕があるなら一人暮らしをして1日の中で自分のためになる時間を増やしましょう。もっとも、生活に壊滅的な打撃を与える場合や実家暮らしでも会社が近い場合は無理にする必要はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です